BroadWiMAXは端末が全て無料!用途に合わせて自由に選べる!

BroadWiMAXならどの端末も無料

 

WiMAXの利用にはルーターと呼ばれる端末が欠かせません。
BroadWiMAXでは現在3種類のルーター端末を取り扱っており、どれを選んでもキャンペーンを適用することで端末代を無料にできます。

 

UQWiMAXなどでは別途端末代がかかってしまうので、この点はお得ですよね。
また常に最新の端末を取り扱っているのもBroadWiMAXの特徴です。

 

とはいえ初めてWiMAXを契約する人はどれを選べば良いか迷ってしまうのではないでしょうか?
そこで今回はBroadWiMAXで扱っている端末について詳しく解説します。

 

  • BroadWiMAXで取り扱っている端末の一覧
  • これで失敗しない!用途別のルーター端末の選ぶポイント
  • 実際に使用した経験から選ぶおすすめの端末とは?
  • BroadWiMAXならではの端末に関わるサービスや料金の解説

について解説していきます。

 

端末はWiMAXの使用に必要不可欠なものですし、3年間の契約期間の間、ずっと使い続けるものなので失敗することの無いよう、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

最新版!BroadWiMAXで選べる端末の一覧

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)では常にWiMAXで今現在選べる最新機種を取り揃えています。
WiMAXの端末は主にNEC、HUAWEI社の2社から発売されていますが、それぞれの最新機種を選ぶことができます。
具体的には以下の3機種ですね。

 

  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NEC 2017年11月1日発売)
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HUAWEI 2017年1月19日発売)
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HUAWEI 2017年1月19日発売)

 

それぞれのスペックについて詳しく見ていきましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04 略称:WX04

BroadWiMAXのルーター端末WX04

 

製品名 speed Wi-Fi NEXT WX04
製造元 NEC
最大通信速度

下り440Mbps (ダウンロード時)
上り75Mbps (アップロード時)

対応しているモード

ハイスピードエリアモード(WiMAX2+) 
ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)

対応エリア WiMAX2+ / au4GLTE
サイズ 約 横 111mm× 縦 62mm× 幅 13.3mm
重量 約128g
バッテリー容量 3,200mAh
連続通信時間

<WiMAX2+使用時>
ハイパフォーマンスモード:約8.2時間
ノーマルモード:約10.5時間
エコモード:約13.8時間

最大同時接続数 Wi-Fi : 10台 USB : 1台 Bluetooth機器: 3台
充電端子 USB3.0 (microUSB端子)
特徴

・3200mAhの大容量バッテリーで長時間連続使用可能。
・ダブルウイングの高性能クレードルで接続が安定する。

 

特徴的なのは以下の2点です。

  • バッテリーの持ちが良いこと(この後紹介するW05よりも約1.5時間長く使える)
  • 高性能クレードルが使えて通信が安定すること

 

特に覚えておきたいのはWXシリーズの高性能なクレードルが使えることです。
端末をセットして使うと部屋内の電波の通りを良くして、安定した接続ができるようになります。

 

WX04のクレードル付画像

 

WiMAXは屋内の電波の通りがあまり良くないという弱点があります。
クレードルがあれば、自宅など屋内でもたくさん使うという場合に役立ちます。

 

ただしクレードルは最初から付属していません。別途3,000円で契約時に購入可能です。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W05 略称:W05

BroadWiMAXで選べる端末W05

 

製品名 speed Wi-Fi NEXT W05
製造元 HUAWEI TECHNOLOGIES CO.LTD
最大通信速度

下り758Mbps (ダウンロード時)
上り112.5Mbps (アップロード時)

対応しているモード

ハイスピードエリアモード(WiMAX2+) 
ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)

対応エリア WiMAX2+ / au4GLTE
サイズ 約 横 130mm× 縦 55mm× 幅 12.6mm
重量 約131g
バッテリー容量 2,750mAh
連続通信時間

<WiMAX2+使用時>
ハイパフォーマンスモード:約6.5時間
ノーマルモード:約9時間
エコモード:約10.5時間

最大同時接続数 Wi-Fi : 10台 USB : 1台 Bluetooth機器: 3台
充電端子 USB3.0 (microUSB端子)
特徴

・現行機種の中で最大の通信速度!
・アップロードも高速で使えるのでSNSにも便利!

 

最大の特徴はとにかく通信速度が早いことです。
最大通信速度はWX04よりも318Mbpsも早い758Mbpsとなっています。
758Mbpsの通信速度が出るのはごく限られた一部の地域だけですが、他の地域でも十分速度があがる性能があります。

 

またもう一つ嬉しいのが上り(アップロード)の速度も速いことです。
WiMAXは今まで上りの速度があまり早くなく、SNSに画像をアップしたり、動画など容量の大きいデータのアップロードが遅い時がありました。

 

W05なら上りの速度も最大112.5Mbpsとなっているので、画像や動画のアップもサクサク進めることができます。。

 

通信速度の上りと下りって何?
上りとはアップロード時の速度です。主に画像や動画などのデータファイルをネット上にアップする時の速度です。
一方、下りはダウンロード時の速度です。WEBサイトの閲覧や動画の視聴時に読み込みを行う速度です。

 

 

Speed Wi-Fi HOME L01s 略称:L01s

BroadWiMAXで選べる端末L01s

 

製品名 speed Wi-Fi NEXT L01s
製造元 HUAWEI
最大通信速度 下り440Mbps (ダウンロード時)
対応しているモード

ハイスピードエリアモード(WiMAX2+) 
ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)

対応エリア WiMAX2+ / au4GLTE
サイズ 約 横 93mm× 縦 180mm× 幅 93mm
重量 約450g
バッテリー容量

コンセントに繋ぐACアダプタ式
(充電利用は不可)

最大同時接続数

最大42台
(2.4GHz:20台、5GHz:20台)+(LANポート×2台)

特徴

・最大42台まで同時接続可能!
・屋内で抜群の接続の安定性!

 

一番特徴的なのは何といっても同時に接続できる機器の多さです。
持ち運びができるWX04やW05よりも圧倒的に多い42台が同時に接続できます。
1台あれば家中のWi-Fiに対応している電子機器のほとんどを接続できます。

 

またホームルーター専用の機種なので、屋内でも接続の安定性は抜群です。
家でしか使わないという方やオフィスで使用したいという場合にはぜひ選ぶべき機種です。

 

 

BroadWiMAXでは選べない端末の特徴とは?

WiMAXには今まで紹介した端末以外にも多くの端末があります。
しかしBroadWiMAXでは上記の3種類のみに絞って展開しています。

 

この点はデメリットに感じるかもしれませんが、全く問題ありません。

 

BroadWiMAXで選べない端末は一世代前の古い端末ばかりだからです。

 

例えば今でも多くの利用者がいるWX03やW04などがそれに当たります。

 

speed Wi-Fi NEXT W04

speed Wi-Fi NEXT W04

 

speed Wi-Fi NEXT WX03

speed Wi-Fi NEXT WX03

 

ホームルータータイプで言えば、L01sの一世代前のL01やnovas Home+CAも選べません。
novas Home+CA

 

これらの端末も決して悪くはありませんが、やはり最新の端末と比べるとスペックに差があります。
通信速度やバッテリーの持ち、通信の安定度などは最新機種の方が勝っています。

 

むしろこれらの古い機種や新古品の端末を案内することで料金を安くしているプロバイダも多いです。

 

新古品とは…一度出荷されたものの使われること無く回収されたもののことです。

 

そんな中、BroadWiMAXはスペックが一番上の最新機種を選べる上に、月額2726円から使える安さを売りにしているプロバイダです。
紹介した3つの機種以外を選べないメリットは全く無いので、その点は安心してください。

 

 

 

ルーター端末の選び方のポイント!

BroadWiMAXでは3種類の最新端末を選べることを説明しました。
それぞれのスペックや特徴を考慮して、選び方のポイントを解説しましょう。

 

通信速度の早さで選ぶならSpeed Wi-Fi NEXT W05

BroadWiMAXで選べる端末W05

 

今発売されている機種の中で一番通信速度が早い端末です。
最大通信速度はどこの場所でも出るわけではありませんが、対応している通信速度の上限が多い分、
通信が安定している場所や外への持ち運びの際には一番快適に使える機種であることは間違いありません。

 

  • エリア判定の結果、問題無く使える場所で使用する
  • WiMAXの電波が安定している都心エリアでの使用がメイン

そういった場合は、W05を選ぶと良いでしょう。

 

BroadWiMAXの通信エリアの確認方法はこちら↓

BroadWiMAXのエリアを100%確実に確認する方法とは?

 

屋内でも外でもたくさん使うならSpeed Wi-Fi NEXT WX04

BroadWiMAXのルーター端末WX04

 

WX04はバッテリーの容量が大きいのが特徴です。
その分、モバイルバッテリーなどを使う必要は無くなりますし、持ち運んで使うという人にとっては嬉しいメリットですね。
通常のWiMAX2+回線で使用した際、W05に比べ1時間半長く持つ計算になります。

 

もう一つのメリットは通信速度が安定する高性能クレードルが使えることです。
このクレードルは特に屋内での使用の際に効果を発揮します。
WiMAXの電波を拾いにくい屋内でも、クレードルがあると無いでは通信の安定感に違いが出ます。

 

バッテリーの持ち屋内通信での安定感を求めるならWX04を選ぶと良いでしょう。

 

 

家での使用のみならSpeed Wi-Fi HOME L01s

BroadWiMAXで選べる端末L01s

 

L01sは持ち運びができない代わりに、家やオフィスのみで使用する場合に最適な機種です。
最大42台を接続できるので、Wi-Fi対応の家電ももちろん、家のパソコンや家族全員のスマホなどもこれ1台で通信ができます。

 

また持ち運び型の端末に比べて、電波の届く範囲も広くなっているので屋内全体での通信が可能です。
なるべく電波の通りが良い2階の窓際などに設置して、1階のリビングでスマホなどに接続して使用する。
そんな使い方も可能な機種です。

 

自宅やオフィスなどの限られた場所でのみ使うなら間違いなく選ぶべきの機種です。

 

 

迷ったら?実際に使ってみたからわかるおすすめの端末はコレ!

まとめとして3種類の端末の特徴の比較表を作ってみました。

 

W05 WX04 L01S
通信速度


(最大758Mbps)

(最大440Mbps)

(最大440Mbps)

屋外の使い勝手

×

(ACアダプタが必要)

屋内での使い勝手

クレードルで改善

バッテリーの持ち時間

×

 

最後に私のレビューからおすすめ端末を紹介します。

 

様々なサイトを見てみると通信速度の早さからW05をおすすめしている場合が多いですね。
しかし私は実際に使ってみた経験からWX04をおすすめします。
理由はクレードルを使って屋内での通信速度、安定性を向上させることができるからです。

 

使ってみてわかったのは、WiMAXは外での使用は全く問題無く使えます。
動画もすぐに読み込みますし、重たいデータのダウンロードも止まることなく可能です。

 

WiMAXで不便なのは屋内での利用です。
私の場合は自宅の電波の通りが悪かったので、通信が途切れることがたまにありました。

 

そこでWXシリーズのクレードルを付けていつも使用していました。

 

 

クレードルを付けることで通信が途切れることもほとんどなくなり、より快適にWiMAXを使用できるようになりました。

 

確かに電波の安定したエリアで使うならW05で問題は無いですが、

  • 屋内でも使うことが多い場合
  • 都心ではなく郊外に住んでいる場合

ならWX04+クレードルを利用するのが一番のおすすめです。

 

 

 

BroadWiMAXは途中で機種変更が可能!

端末に関わる点で、他のプロバイダとの比較ポイントとして覚えておきたいのが、
BroadWiMAXは契約途中での機種変更が可能な数少ないプロバイダの一つです。

BroadWiMAXの機種変更キャンペーン

 

契約から20ヶ月以上の使用している場合、端末を新しいものに変えることができます。
その際の費用は契約事務手数料の3,000円のみで端末代はかかりません。

 

WiMAXは2年に1度のペースで新しい機種が発売されています。
そのタイミングに合わせて新しい機種へ変更すれば、常に最高のスペックでWiMAXを利用できます。

 

BroadWiMAXの機種変更についてはこちらの記事で詳しく解説!

BroadWiMAXなら途中で機種変更可能!デメリットはないの?

 

 

契約前に知っておきたい端末に関するよくあるQ&A

端末が故障した場合、どうすれば良い?

オプションの安心サポートに加入していれば無償修理が可能です。
オプションに加入していない場合でも1年以内ならメーカーの保証期間となりますので一度問い合わせてみましょう。

 

BroadWiMAX お客様サポート

受付時間:11:00 〜 18:00(月〜土 / 年末年始は除く)
電話番号:050‐5212‐7322

 

初期不良があった場合は?

無償で交換などの対応をしてくれます。届いてすぐに使えない場合は一度問い合わせしてみましょう。

 

BroadWiMAX お客様サポート

受付時間:11:00 〜 18:00(月〜土 / 年末年始は除く)
電話番号:050‐5212‐7322

 

端末無しでSIMカードのみの契約はできないの?

BroadWiMAXでは端末もセットの契約のみとなっています。
SIMカードだけでの契約はできません。

 

充電器は同時に購入必要?

microUSB端子で充電できるので、スマホなどの充電器を利用できます。特に同時に購入する必要はありません。

 

クレードルは何に使うの?

クレードルが無くても通常の使用には問題ありません。
充電器としての置き場所として使える他、LANケーブルを繋いだ有線接続が可能になります。
有線接続は無線での接続に比べて、安定した接続ができるようになります。

 

クレードルについてはBroadWiMAXでは契約と同時に購入するかどうかを選べますが、焦ってココで購入する必要はありません。
使ってみて必要と感じたら、後から楽天などのネット通販で購入すればOKです。

 

端末は解約時に返却が必要?

端末を返却する必要はありません。解約後は処分して問題ありません。

 

バッテリーの交換は可能?

BroadWiMAXで取り扱っているW05、WX04いずれもバッテリーを取り外しできるので交換が可能です。
バッテリーは保証対象外なので、交換したい場合は自分で購入する必要があります。
auショップやUQWiMAXのホームページ、Amazonや楽天などで購入が可能です。
価格は概ね3,000円程度となっています。

 

BroadWiMAXの端末は新品?

中古品や新古品は一切無く、全て新品未使用品が届きます。

 

端末は申し込むといつ届く?

BroadWiMAXは即日発送に対応しています。住んでいる場所にもよりますが、翌日〜3日後には届きます。

 

端末が届いたらすぐに使える?

少し充電してから簡単な初期設定を行うだけで使えます。
初期設定といってもSSIDとパスワードの入力を行うだけでOKです。

 

 

【まとめ】自由に自分の好きな端末を選べるのがBroadWiMAXのメリット

BroadWiMAXならどの端末も無料

 

BroadWiMAXの端末についての解説記事でした。もう一度ポイントをまとめてみましょう。

  • BroadWiMAXはキャンペーンを適用させることで、全端末が無料で選べる!
  • 現行の最新端末の3機種の中から選べる!
  • 外での使用がメインならW05が通信速度が最速なのでおすすめ!
  • 外でも屋内でも使うならクレードルが高性能なWX04がおすすめ!
  • 家の中のみで使うならホームルータータイプのL01sが最適!

 

BroadWiMAXの特徴としてどの端末を選んでも損するポイントが無いことがあります。
例えばUQWiMAXでは端末ごとに別途端末代が変わりますし、特定の端末を選ぶとキャンペーンが適用できないこともあります。
GMOとくとくBBでも端末によって、キャッシュバックの金額が変わってしまいますね。
古い端末や在庫が多い端末を選んだ方がキャッシュバック金額が多い場合もあります。

 

BroadWiMAXには端末ごとに料金やキャンペーンが変わったりすることは一切ありません。

どの端末を選んでも初期費用割引キャンペーンを適用できますし、全て無料で契約できます。

 

プロバイダの都合で誘導されるのではなく、自分の用途に合わせて好きな端末を選べる点はBroadWiMAXならではのメリットと言えるでしょう。