BroadWiMAXの解約の際に注意したいポイントと正しい解約方法について

BroadWiMAXの解約方法はWEBからも電話からも簡単に行うことができます。
実際に私も2018年9月でBroadWiMAXを解約しましたが、あっという間に完了することができました。

 

ただし正しい方法で行わないと余分な料金がかかってしまったり、最大19,000円以上にもなる違約金がかかってしまうことも…
今回はBroadWiMAXの解約のポイントを解説します。
実際の経験を踏まえて、損しないためのポイントとなる点も解説していきますね。

 

この記事では以下の内容について解説します。

  • BroadWiMAXの解約方法はWEBでも電話でもできる?
  • カンタン!実際の解約の流れを画像付きで説明!
  • 違約金がかかってしまうのはこんな時!いくらかかる?
  • BroadWiMAXならではの解約時の違約金をかけずに済む裏技を公開!

 

 

 

 

 

 

 

BroadWiMAXの解約はWEBでも電話でも可能?解約方法を解説!

BroadWiMAXの解約方法は簡単?

 

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)について書かれたサイトを見ると解約の方法は電話のみと書いてあることが多いですが、BroadWiMAXは電話でもWEBでも解約が可能です。

 

どちらも簡単な手続きで数分あれば完了しますが、
電話の場合は時間が月曜日から土曜日の11時〜18時の間と決まっています。
またBroadWiMAXの評判にもあったように時間帯によって繋がりにくいとの声もあるようです。

 

その点、WEBから手続きを行えばいつでも自分の好きな時間に手続きを進められるのでおすすめです。
何か解約前に疑問点を解消しておきたい場合は電話で解約をするのもアリですが、WEBから手続きを行った方がスムーズに済みます。

 

ここで知っておきたい注意点があります。

BroadWiMAXでは、解約の締め日が25日となっています。
25日以降に解約を行うと翌月の解約の扱いとなってしまいます。

 

BroadWiMAXは、いつ解約しても月末までは利用できますので
あらかじめ解約したい月が決まっているなら、その月に入り次第早めに手続きをすると良いです。

 

前もって解約を予約することはできないの?

前もって解約を予約して、その月が来たら自動的に解約するようにしておくということですね。
残念ながらBroadWiMAXでも他のWiMAXプロバイダでも前もって解約を予約しておくことはできません。
必ず解約したい月になってから、自分で手続きをする必要があります。

 

 

電話での解約方法

BroadWiMAXの公式サイトの案内では、
解約受付窓口へ電話する方法が紹介されています。

 

BroadWiMAX解約受付窓口:050‐5212‐7322
受付時間:11:00 〜 18:00(月〜土 / 年末年始は除く)
通話料:有料

 

ただしこの解約受付窓口は、電話するとナビダイヤルへとつながります。
オペレーターにいきなり繋げてくれるわけではありません。
プッシュホンを押していくと、解約できるページへアクセスできるURLが書かれたショートメールが届きます。
その後、WEB上で解約を行うことになります。

 

 

オペレーターと話をして解約したい場合は?

先ほどの解約受付窓口に通話後、別のプッシュホンを押すとオペレーターと通話もできます。
ただし注意したいのは、オペレーターにはなかなか繋がらないという点です。
これはBroadWiMAXの評判でも紹介した通り、BroadWiMAXのデメリットの一つでもあります。

 

繋がりやすい時間帯は?
火〜土曜日の14時〜17時が比較的繋がりやすい時間となっているようです。

 

電話がなかなか繋がらないとかけ直したり、待ち時間が発生してしまうので通話料が気になるところです。

 

通話料を気にせずに、オペレーターと通話するには、
別の番号のBroadWiMAXの問い合わせ窓口に電話すると良いでしょう。

 

BroadWiMAX問い合わせ窓口:0120-651-315
受付時間:11:00 〜 18:00(月〜土 / 年末年始は除く)
通話料:無料

 

解約に関する疑問点についてはこちらでも回答してくれますので、通話料をかけたくない場合はこちらを試してみると良いでしょう。

 

 

WEBでの解約方法

現在BroadWiMAXでは、わざわざ電話しなくてもWEB上で解約が完了します。
契約後にアクセスできるサポートページから解約手続きを進めることができます。
手順を確認していきましょう。

 

サポートページへログイン後、契約内容の変更を選択

BroadWiMAXの解約手順

 

スクロールして契約解除フォームはこちらをクリック

BroadWiMAXの契約解除フォーム

 

内容を確認し、解約手順を確認するをクリック

BroadWiMAXの解約手順を確認する

 

簡単なアンケート後、解約へ進む

BroadWiMAXの解約前のアンケート

 

メールアドレスなどを入力後、解約手続きを完了させることができます。

 

WEBの場合は24時間いつでも手続きできますし、通話料をかけずに解約ができます。
一番手軽に解約できる方法としておすすめします。

 

 

BroadWiMAXを実際に解約してみた!流れをレビュー

ここでは実際に私がBroadWiMAXを解約した際の流れをレビューします。
本当に簡単に解約できるのか?のイメージ作りに参考にしてみてくださいね。

 

BroadWiMAXの解約受付窓口に電話してみる

私がBroadWiMAXを解約したのは2018年7月24日でした。
まずはBroadWiMAXの公式サイトに記載されていた方法に従って、解約受付窓口に電話してみました。

 

こちらはBroadWiMAX(ブロードワイマックス)解約受付窓口です。
ご希望のお手続きに応じて番号をご選択ください。
解約のお手続きをご希望の場合は×を、オペレーターにお繋ぎされる場合は〇を…

 

※細かい文言は違うかもしれません…ご了承ください。

 

かけるのは初めてだったので、オペレーターが出るかなと思いきやナビダイヤルでした。
電話しながら自分の希望する指定の番号を押していく、プッシュホン形式です。
プッシュホンに従うと、解約手続きへ進むURLが記載されたショートメールが届きました。

 

 

ちなみにオペレーターに繋ぐも選択してみました。
2回ショートメールが届いているのは、そちらも試してみたからですね。
しかし残念ながら「回線が混み合っています。しばらく経ってからおかけ直しください」とのアナウンスでした。

 

 

ショートメール記載のURLにアクセス

 

アクセスすると解約を進められます。
ここでは8日間以降〜(通常の契約解除)を選択します。

 

 

簡単なアンケートと注意事項の確認

BroadWiMAXの解約の注意点

 

通常の契約解除を選択すると
解約理由のアンケートと注意事項の確認ページへと移ります。
注意事項を確認して、問題無ければスクロールして「解約手続きを完了する」を選択します。

 

 

解約の完了

BroadWiMAXの解約完了の画面

 

実際の契約に関しては、URLにアクセス後1分で完了しています。
あっという間に解約できてしまうので、ちょっと拍子抜けしてしまうぐらいでしたよ。

 

解約手続き完了後に電話はかかってきた?

解約内容の確認について一度連絡がありました。
勧誘や解約の引き留めといった内容ではありませんでした。
「ご利用いただき、誠にありがとうございました。」ととっても丁寧な対応でした。

 

 

解約した後、いつまで使える?端末は返却が必要?

その月の25日までが解約の期限となっていますが、BroadWiMAXは解約後も月末まで利用することができます。
その代わり、いつ解約しても料金は日割計算にはなりません。
解約を申し込んだ月も料金は発生します。

 

また端末についても返却する必要はありません。
自分で処分してしまっても問題無いです。

 

ネットオークションやフリマアプリに出品する人もいるようですが、WiMAXプロバイダで一度利用した端末は「赤ロム」となり、他のSIMカードを挿しても使えないのでトラブルの元になりかねません。
普通にゴミとして処分することをおすすめします。

 

赤ロムとは?
解約や料金未払いによって利用停止となったため、プロバイダから端末ごと使えないようにロックをかけられた端末のことです。
端末ごと使用ができない状態になっているので、SIMカードを差し替えても使うことができません。

 

解約前に要注意!違約金がかかってしまうのはこんな場合!

BroadWiMAXで違約金がかかってしまうのは、他のWiMAXと同様で契約更新月以外で解約をした場合です。
契約更新月と違約金について確認しておきましょう。

 

2年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目(契約更新月):0円
26ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。
現在BroadWiMAXでは新規に2年契約できないので、すでに契約している場合の内容です。

 

3年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜25ヶ月:14,000円
26〜36ヶ月:9,500円
37ヶ月目(契約更新月):0円
38ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。
BroadWiMAXでは新規の契約の場合、3年契約となるので、これから契約を進める方はこちらが適用されます。

 

契約更新月を過ぎるとどうなるの?

再度同じ契約期間が更新されます。
一回見逃すと次0円で解約できるのは2〜3年後なので必ずこの機会に見直しをすることをおすすめします。

 

 

もう一つ注意したいのがキャンペーン違約金!

BroadWiMAXでは25ヶ月未満で解約を行うと別途9,500円のキャンペーン違約金がかかってしまいます。
これは契約時に初期費用割引18,857円引きのキャンペーンを適用させた場合のみの請求となります。

 

契約の違約金+キャンペーンの違約金となると最大28,500円もの違約金がかかってしまいます。
特別な事情が無い限りは、必ず契約更新月での解約をすることをおすすめします。

 

 

実際に違約金を支払った例

実際に違約金が請求された時の金額をしっかり確認しておきましょう。

 

違約金がかかった場合の料金例

BroadWiMAXで実際に違約金がかかると…

 

紹介した画像はBroadWiMAXを契約してから13ヶ月目で解約した場合の明細です。
下の2つの項目が実際にかかった違約金になります。

  • 解約手数料(定額プラン)…15,120円
  • 初期費用CP違約金…10,260円

※請求明細は全て税込です。

 

このように25,000円を超える高額な違約金が発生してしまいます。
BroadWiMAXは契約更新月まで利用しての解約を前提にするようにしましょう。

 

 

 

BroadWiMAXで違約金をかけない方法

BroadWiMAXをはじめ、全てのWiMAXプロバイダでは契約更新月以外に解約すると違約金が発生することを説明しました。
共通のルールとはいえ、違約金はかけたくないもの…

 

そこで、ここからはBroadWiMAXの解約を検討しているものの、
契約更新月になっていないので困っているという人向けの内容になります。

 

解約を検討している理由が以下の4つの場合に役立ちます。

 

  • 端末が届いたものの、通信速度が遅い、エリアの範囲外などうまく使えない場合
  • WiMAXの使用感に不満があり、光回線などに乗り換えたい場合
  • 引っ越しをするのでWiMAXが不要になる場合
  • 端末を壊してしまったり、紛失してしまった場合

 

焦って解約して違約金を支払う前にぜひ一度見てみてくださいね。

 

 

 

8日以内なら初期解約制度が使える

BroadWiMAXの初期解約制度

 

BroadWiMAXでは端末到着から8日以内なら違約金が不要で解約できる初期解約制度があります。
端末の返却と契約事務手数料(3,000円)の支払いは必要ですが、契約してすぐに解約すると19,000円の違約金+キャンペーン違約金がかかることもあるので、それよりはずっと出費は少なくて済みます。

 

  • WiMAXを契約したものの、思うように使えない!
  • 通信速度が遅くてキャンセルしたい!

 

そんな時にはこの初期解約制度を活用してみましょう。

 

初期解約制度について詳しくまとめた記事はこちら↓

BroadWiMAXは8日以内の初期解約が可能!契約前にチェック

 

 

ご満足保証で違約金無しで乗り換え

BroadWiMAXのご満足保証

 

「ご満足保証」はWiMAXプロバイダの中で、BroadWiMAXのみが提供しているサービスになります。
ざっくり言うとWiMAXから他のネット回線サービスへと違約金無料で乗り換えができます。

 

乗り換えられるネット通信は固定回線の光回線をはじめ、Softbank回線を利用したポケットWi-FiのBroadLTEなどから選ぶことができます。

 

WiMAXは使いずらいことがわかったものの、もう8日以上経っていて初期解約制度は使えない!
といった時に活用できる他、

  • 引っ越しや転勤でWiMAXのエリア外に済むことになった。
  • 光回線を使うことになったのでWiMAXが不要になった。

こういった環境変化ややむをえない事情の際にもWiMAXの違約金を支払わなくて済みます。

 

 

逆に言えば、この「ご満足保証」サービスはBroadWiMAXしか実施していないので、他のWiMAXプロバイダではこういった事情を一切考慮してくれないとも言えます。

 

「ご満足保証」について詳しくまとめた記事はこちら↓

BroadWiMAXはご満足保証で乗り換えができる!違約金不要!

 

端末が故障、紛失した時は機種変更キャンペーン

  • 長い期間使い続けている内に、端末の調子が悪くなった。
  • 端末を紛失してしまった…

そんな時に使えるのが、機種変更キャンペーンです。

 

BroadWiMAXの機種変更サービス

 

簡単に言うとBroadWiMAXを使い続けて20ヶ月以上経っていれば、端末を無料で機種変更できるキャンペーンです。
その際も端末を返却する必要はありませんので、今端末が壊れてしまっていたり、手元にない状態でも利用することができます。

 

特に今契約が16〜19ヶ月目までの方は14,000円の違約金を支払うくらいなら、20ヶ月目まで待って、機種変更キャンペーンを活用した方がお得になる場合もあるので、覚えておくと役立ちますよ。

 

機種変更キャンペーンについて詳しくはこちら↓

BroadWiMAXなら途中で機種変更可能!デメリットはないの?

 

 

 

このようにBroadWiMAXには、他のプロバイダなら違約金を支払って解約するしかない状態でも、キャンペーンを活用することで違約金を不要にできる方法が多く用意されています。

 

慌てて解約して高額な違約金を支払う前に、一度活用できないか確認してみると良いでしょう。

 

 

契約更新月が来たら解約した方がお得になる理由とは?

WiMAXは解約→再契約がお得

 

契約更新月以外の解約は違約金がかかってしまうのでおすすめはできません。
しかしもし契約更新月が来たら、即解約した方が得になります。

 

ほとんどのWiMAXプロバイダでは25ヶ月目以降の料金が高くなる傾向があるからです。
例えばBroadWiMAXのギガ放題プランの料金を見てみましょう。

 

0〜2ヶ月目 2,726円
3〜24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目 4,011円

 

25ヶ月目では割引が少なくなり、最初の2,726円と比べると1,285円、料金が高くなっています。

 

 

契約更新月が来たら解約→再契約or乗り換えでOK

もしBroadWiMAXで契約更新月が来たら、一度解約手続きを行い、再度契約を行うのがお得です。
4,011円の高くなった料金ではなく、再度2,726円や3,411円の料金で利用できます。

 

さらにBroadWiMAXの場合は、何度契約しても初期費用割引キャンペーンを利用できるので、端末代や初期費用をかけずに契約できます。
その際に端末を新しくできるのも嬉しいポイントですね。

 

またBroadWiMAXでWiMAXの使用感を掴んだら、もっと料金の安いプロバイダに乗り換えるのも手です。
キャッシュバック付きで使用期間のトータル料金が安くなるGMOとくとくBBなどが乗り換え先としてはおすすめです。

 

BroadWiMAXとGMOとくとくBBを比較してみた記事はこちら↓

BroadWiMAXとGMOとくとくBB!両方使った本音をレビュー

 

 

オプションの解約方法

BroadWiMAXでは初期費用割引キャンペーンを受けるのに以下の2つのオプションの加入が必須になっています。

  • 安心サポート…端末故障時の保証
  • MyBroadサポート…ネット通信に関わる全般のサポート

 

もしこの2つやそれ以外のオプションを解約したい場合も、BroadWiMAXのサポートページから手続きができます。

 

ログイン後、ご契約内容の変更をクリック。
そのあとのオプション解約フォームからオプション解約ができます。

 

 

オプションの内容を一度確認して、不要な場合は早めに解約すると良いでしょう。
余分な料金をかけずに済みます。

 

オプションの内容や詳しい解約方法はこちらの記事をチェック↓

BroadWiMAXのオプションは必要?解約しても損しない?

 

 

 

【まとめ】解約は簡単にできる!契約更新月での解約→再契約or乗り換えがベスト!

今回はBroadWiMAXの解約についての内容でした。

ポイントをもう一度まとめてみると

  • 解約はWEBから行うのが簡単にいつでもできる。
  • BroadWiMAXの解約の締め日は25日までとなっているので注意!
  • 契約更新月以外に解約すると違約金がかかる…

となっています。
解約自体は数分で簡単に完了しますが、違約金と締め日に関しては注意が必要です。

 

違約金がかかってしまうので、WiMAXは基本的に契約期間満了までの利用を前提とすると良いでしょう。
そして期間満了の契約更新月が来たら、必ず解約→再契約o乗り換えをすることをおすすめします。

 

特に使用感に問題がなければBroadWiMAXと再契約をして、再びお得な割引を受けることもできますし、
もっと安いGMOとくとくBBへ乗り換えしても良いでしょう。
またWiMAXがいまいち使いにくいという場合は、WiMAX以外のWi-Fiサービスを検討しても良いかもしれません。

 

2年or3年に一度の解約のチャンスを見逃さないようにしましょうね。