BroadWiMAXは口座振替の支払い方法ができる数少ないプロバイダ

BroadWiMAX

 

WiMAXの料金の支払い方法は現在、ほとんどのプロバイダでクレジットカードのみとなっています。
情報の古いサイトではデビッドカードやVISAデビットも使えると書かれていますが、残念ながら正しくありません。

 

クレジットカードを持っていない人や審査に通りずらい人にとっては不便ですよね。

 

そこで利用したいのが口座振替による料金の支払いです。
BroadWiMAXは数少ない口座振替に対応しているプロバイダです。

 

ただしBroadWiMAX(ブロードワイマックス)は口座振替を選んだ場合、ちょっと割高になってしまいますが、それでもUQWiMAXよりはお得に使うことができます。

 

もし口座振替で支払いたいという場合には選んで損はしないプロバイダです。

 

今回はBroadWiMAXの口座振替について詳しく解説しましょう。

 

今回の内容

  • BroadWiMAXを口座振替にした場合、クレジットカードと何が変わる?
  • それでも業界最安級!UQWiMAXとの支払い料金の比較。
  • 口座振替にした場合に覚えておきたいポイント!

 

 

 

 

 

 

口座振替を選ぶと損?!クレジットカード払いと料金が変わる?!

クレジットカードだと安い

 

残念ながらBroadWiMAXではクレジットカードではなく、口座振替を選んだ場合、
月々の使用料金は変わりありませんが、初期費用や手数料などの料金が別途かかってしまいます。

 

3年間の契約満了期間まで使うとなるとその差はトータルで26,677円となります。

 

実際にどんな料金がかかってしまうか見ていきましょう。

 

初期費用割引キャンペーンの対象外となる…

BroadWiMAXでは初期費用としてかかる18,857円を0円にするキャンペーンがあります。
しかしこのキャンペーンの適用条件の一つに「クレジットカードでの支払い」が含まれています。
ですので口座振替を選択した場合、この18,857円が余分にかかってしまうことになります。

 

 

口座振替手数料の200円が毎月かかる

口座振替の手数料として別途200円が毎月かかってしまいます。
3年契約の場合、37ヶ月分として計算するとトータルで7,400円を契約期間中に支払うことになります。

 

 

端末到着時の代引手数料

口座振替の場合、端末の到着時に以下の金額を佐川急便に代引で支払うことになります。
初期費用(18,857円)+契約事務手数料(3,000円)+代引手数料(420円)
代引手数料もクレジットカード支払いの場合は発生しない金額となります。

 

 

それでもUQWiMAXよりトータルで安い!料金比較!

BroadWiMAXとUQWiMAX、口座振替時に安いのはどっち?

 

口座振替を選択するとクレジットカード支払いに比べて、26,677円余分に料金がかかってしまいます。
ここまで見ると損した気分になってしまいますが、それでもUQWiMAXを選択した場合よりも料金は安くなります。
実際に料金を比較してみましょう。

 

ギガ放題プラン3年契約での比較
BroadWiMAX UQWiMAX
0ヶ月〜2ヶ月目の料金 2,726円 (2,726×3=8,178円) 4,280円(4,280×3=12,840円)
3〜24ヶ月目の料金 3,411円 (3,411×22=75,042円) 4,280円(4,280×22=94,160円)
25〜37ヶ月目(契約更新月)の料金 4,011円 (4011×13=52,143円) 4,280円(4280×13=55,640円)
初期費用 18,857円 800円(端末代)
トータル 154,220円 163,440円
9,220円安い

 

計算すると初期費用の18,857円がかかったとしてもBroadWiMAXの方が9,220円安くなります。
確かに若干割高にはなりますが、口座振替を希望する人にとっては十分選択しても良いプロバイダと言えそうですね。

 

 

 

 

 

BroadWiMAXの口座支払いについてのポイントまとめ

ここからは実際に口座振替を選んだ際に知っておきたいポイントや注意点をまとめていきます。
契約前の疑問点の解消に役立ててくださいね。

 

初回費用は代金引換となる

初回費用は端末の到着時に代金引換で支払わなければいけません。
具体的には初期費用18,857円+契約事務手数料3,000円+代引手数料420円…
トータルで22,277円+消費税となります。

 

配送業者は佐川急便です。
佐川急便の代引は現金の他、デビットカードなどにも対応しています。
WiMAXの料金はデビットカードは使えませんが、ここでは利用できるので、この分の支払いはカードで行っても問題ありません。

 

 

引き落とし日(締め日)はいつ?

27日もしくは3日が引き落とし日となっています。
その際はしっかり残高を残しておくようにしましょう。

 

契約時に設定するとその後は、自動引き落としとなります。
BroadWiMAXから直接請求されるわけではなく、ライフペインメントという代行会社から請求がされます。

 

 

手数料はかかる?

振替手数料として引き落としと同時に200円がかかります。

 

 

引き落としできなかった場合はどうなる?

もし残高不足などの理由で引き落としが出来なかった場合は、別途請求書が届きます。

 

 

銀行の指定などはある?

特に指定の銀行はなく、希望に応じて設定が可能です。

 

 

端末はすぐに届かない…

クレジットカードの場合、最短即日発送や店舗での受け取りサービスがあったりと使用開始までが早いですが、口座振替の場合は本人確認などがあるため、発送までに少し時間がかかrます。

 

 

BroadWiMAXの口座振替での申し込み方法

実際に口座振替でBroadWiMAXを申し込む流れについて解説しましょう。
大まかな流れは変わりませんが、数点チェックしておきたいポイントがありますので、手順に沿って行うことをおすすめします。

 

BroadWiMAXの公式サイトから申し込む

口座振替の場合でも、契約の申し込みはBroadWiMAX公式サイトから行います。

 

アクセスするとTOPページにある「WEBからWiMAXをお申し込みする」をクリック。
実際の契約場面へ移ります。

 

BroadWiMAXの申し込みはココから

 

 

口座振替にチェックを入れる

契約場面へ移ると使用したい端末やオプションを選んでいきます。
その中に「お支払い方法の選択」をするフォームがあります。
ここで口座振替にチェックを入れます。

 

BroadWiMAXの口座振替にチェックを入れる

 

チェックを入れると右側に表示される見積もりが初期費用分が追加したものに変わります。
これで口座振替の申し込みはOKです。
あとは次に進んでいきます。

 

BroadWiMAXの口座振替の初期費用

 

 

契約情報の入力に進む

BroadWiMAXの口座振替時の入力フォーム

 

住所や電話番号などの入力を行い、申し込み完了となります。
振替を行いたい口座に関してはここでは入力せずに、後日電話や書面でのやりとりが必要となります。

 

 

 

口座振替でも審査はある?

WiMAXは全てのプロバイダで契約前に簡単な審査があります。
これはクレジットカードの与信枠や返済状況に問題が無いか見るものです。

 

ただし口座振替を選んだ場合はここまで厳しい審査は行われません。
簡単な本人確認程度なので、クレジットカードの審査が通りずらい方でも利用できます。

 

 

 

【まとめ】初期費用がかかっても口座振替できるプロバイダの中で安い!

BroadWiMAXの口座振替についての内容でした。
確かにクレジットカードでの契約と比べるとどうしても割高にはなってしまいますが、それでもUQWiMAXよりも3年間で9,000円以上安くなります。

 

口座振替に対応しているプロバイダの中では十分に安い料金となっていますので、選んでも損はないでしょう。

 

 

 

BroadWiMAXを実際に使ったレビューと評判はこちら↓

BroadWiMAXの評判が嘘ばっかりだった!使ったわかったメリットとデメリット