レビューと比較!BroadWiMAXと@niftyってどっちが良いの?

BroadWiMAXと@niftyの比較

 

今回はBroadWiMAX(ブロードワイマックス)と@nifty(ニフティ)のWiMAXを比較した記事になります。
@niftyは私が一番最初にWiMAXを利用したプロバイダです。

 

実際に使ってみてどうだったのか?といったレビューを踏まえながら、
最新の情報で料金やサービス内容を比較してみました。

 

今どっちを選ぶべきか悩んでいたらぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

BroadWiMAXと@nifty、実際に使ってみてのレビュー

 

6年前に初めてWiMAXを契約したプロバイダが@niftyでした。
当時は特に何も考えておらず、料金やサービスなども特に比較することもなかったです。

 

「スマホの通信をWiMAXに変えれば、料金も安くなるし、通信制限を気にしなくて良くなるんじゃないか!」
そう思って目に付いた@niftyのWiMAXを申し込んだのが、私のWiMAX歴の始まりでした。

 

結果としては「使って正解」でした。

 

今までは月末近くになると1GBずつdocomoからデータを購入して通信制限を解除していたのですが、
その分費用が余分にかかっており、月のスマホでのデータ通信料は1万円近くになっていました。

 

しかしWiMAXを利用したことで、

  • 月の通信の出費はぐっと抑えられた!
  • 通信制限を気にせず利用できるようになった!

特に今まで1万円かかっていた通信料が5,000円程度(WiMAX月額+スマホのデータプランS)に抑えることができました。
「何でもっと早く利用しなかったんだろう」と率直に思ってしまいましたね…

 

その後、2年間の契約期間を経て料金を元にプロバイダを見直し、
キャッシュバック金額に惹かれてGMOとくとくBBと契約、
その後にこのサイトで詳しく紹介しているBroadWiMAXへと乗り換えしています。

 

BroadWiMAXのレビューはこちらで詳しく紹介しています。

 

実際に@niftyは使ってみてどうだった?

使ってみてのレビューとしては、@niftyは利用するのに何の問題もないプロバイダです。
通信が遅くなることもありませんし、日常的な使用には支障ありません。

 

ただし、この点についてはGMOとくとくBBでもBroadWiMAXでも同じです。
@niftyが特別優れているというわけではないです。

 

比較する場合は、@niftyは問題無く使えるプロバイダということは覚えておいて、
料金や選べる端末、また契約期間などをプロバイダによって違いが出る点を比較すると良いでしょう。

 

 

選ぶならどっち?比較すべきポイントを解説!

ここからは実際に@niftyとBroadWiMAXの比較をしていきます。

  • 料金
  • 端末
  • 契約プラン
  • 評判
といったプロバイダで差が付く点について比較し、そのメリットデメリットについてまとめてみました。

 

 

料金、キャンペーンで安いのはどっち?

比較するのにあたって一番気になるのはやはり料金ですよね。
WiMAXの料金は月額料金だけではなく、キャンペーンでの還元などや諸費用も含めてトータルの料金で比較すると間違いがありません。
まずはキャンペーンについて確認しておきましょう。

 

BroadWiMAXのキャンペーン

BroadWiMAXの場合は、キャンペーン自体が魅力的というよりは元々の月額料金が安く設定されているのが特徴です。
複雑な適用条件も無いので、契約すればまず適用されるといった手軽さが魅力です。

 

@niftyのキャンペーン

@niftyのキャッシュバックキャンペーン

 

@niftyの場合はキャンペーンが月によって変わります。
一般的なものは現金30,00円程度のキャッシュバックが後からもらえるものとなっています。
ただしキャッシュバックの金額は月によって多少の変動があるようです。

 

それ以外では、月々の料金から@nifty使用権の850円が割引になるキャンペーンも不定期で案内されているようです。
なお同時に実施されている時はどちらかを選ぶ形となっています。

 

これらのキャンペーンを踏まえた上で、3年間のトータル料金を比較してみましょう。
なお@niftyのキャンペーンは一番一般的な30,000円のキャッシュバックにしました。

 

3年契約 ギガ放題プランで比較 BroadWiMAX @nifty WiMAX
初期費用 0円 ※キャンペーン適用 0円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 1円
送料 0円 0円
0ヶ月目(端末到着月) 2,726円の日割(ここでは2,726円で計算) 0円
1〜2ヶ月目  2,726円  3,420円
3〜24ヶ月目 3,411円 4,100円
25〜37ヶ月目(契約更新月) 4,011円 4,100円
その他費用 0円 @nifty使用料金 毎月250円
キャッシュバック 0円 ▲30,000円
3年間のトータル 138,363円 132,841円
5,522円安い

 

トータルの料金で見ると5,522円、@niftyの方が安い計算となります。

 

@niftyの公式サイトはこちらから↓

WiMAXを始めるなら【@nifty WiMAX】

 

 

@niftyのキャッシュバックの落とし穴!注意したいポイントとは?

WiMAXキャッシュバックの落とし穴

 

トータル料金でみるとわずかながら@niftyの方がお得と言えます。
しかし注意したいのは、他プロバイダ同様@niftyもキャッシュバックをもらうには複雑な条件がある点です。

 

@niftyでは9ヶ月目にキャッシュバックが振り込まれます。
受け取る条件としては以下の4点があります。

  • 4ヶ月目に届くメールから手続きを行うこと
  • 6ヶ月間プラン変更を行わないこと
  • キャッシュバックが振り込まれるまでに解約を行わないこと
  • 申請した口座情報等に不備が無いこと
特に4ヶ月目に届くメールについて見逃してしまい、申請の期限を過ぎてしまう場合が多いようです。

 

このようにキャッシュバックを受け取るには条件を守りながら利用を行い、申請を忘れないようにする必要があります。

  • 条件を守りながら@niftyを利用するか、
  • 契約後は何の手間も無いBroadWiMAXを選ぶか

5,000円の差でどちらを選ぶかが料金面での比較ポイントとなります。

 

 

選べる端末

BroadWiMAXで選べる端末

 

選べる端末についてはどちらのプロバイダを選んでも大きな差はありませんでした。
どちらも最新の端末に対応しています。

 

BroadWiMAXで選べる端末は以下の3種類になっています。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NEC製)

WX05

 

Speed Wi-Fi NEXT W05(HUAWEI製)

W05

 

Speed Wi-Fi NEXT L01s(HUAWEI製)

L01s

 

@niftyではこの3種類に加えWX05の一つ前の機種WX04も選択できますが、選ぶメリットは特にありません。
WiMAXハイパワーに対応し、より電波受信性能が良いWX05を選ぶと良いでしょう。

 

端末に関する違いといえば、@niftyでは全ての端末に代金として別途1円がかかります。
しかしどの端末を選んでも1円なので、実質は無料と思っても良いでしょうね。

 

端末の選び方についてこの記事にまとめました↓

【徹底まとめ】BroadWiMAXのルーター端末の損しない選び方

 

 

契約プラン 契約期間が2年か3年

どちらも月のデータ通信量に制限の無いギガ放題プラン、7GBまでのライトプランを選ぶことができます。
契約途中で切り替えができるのも同じです。

 

@niftyでは契約から6ヶ月以内にプランの切り替えを行うとキャッシュバック取得の権利を失います。

 

違いがあるのが契約期間についてです。
BroadWiMAXでは3年プラン限定となっていますが、@niftyでは3年プランに加え2年プランにも対応しています。
@niftyで2年プランを選んだ場合、以下の2点で違いが出ます。

  • キャッシュバックが2万円程度になる
  • 電波が届きにくいエリアでも使えるau4GLTE回線が有料となる

実際に使っていた経験から、WiMAXにはどうしても繋がりにくいエリアがあるという弱点があります。
そのの弱点を解決してくれるau4GLTE回線の使用料1,005円が有料になってしまうのはマイナスポイントですが、2年契約で利用したいという場合は、@niftyを選んだ方が良いでしょう。

 

 

@nifty2年契約プラン(ギガ放題)の料金
契約事務手数料 3,000円
端末代 1円
0ヶ月目 0円
1〜2ヶ月目 3,420円
3〜25ヶ月目(契約更新月) 4,100円
@nifty使用料金 250円
キャッシュバック 0円
トータル 88,594円

 

 

解約方法について

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)の解約方法はWEBと電話の両方で可能です。
しかし電話に繋がりにくいという口コミもあるので、WEBから進めることをおすすめします。
BroadWiMAXの会員ページにログインして手続きができます。
解約したい月の25日までに手続きを行う必要があります。

 

実際に解約の手続きを行うとあっと言う間に完了します。
また端末の返却も必要ありません。
数あるWiMAXプロバイダの中でも、一番簡単に解約できるといっても良いでしょう。

 

BroadWiMAXの解約方法について詳しくはこちら↓

BroadWiMAXの解約は違約金に要注意!無料にする方法はコレ

 

 

対して@niftyの解約はWEBから会員ページで行います。
こちらも電話する必要無く、いつでも簡単にできるので安心ですね。
会員ページにログインするにはIDとパスワードが必要になります。

 

なお解約の締め日は月末までとなっています。
月のいつに手続きを行っても、その月の月末までは利用できますので、決まっていたら早めに手続きをすると良いでしょう。

 

ただし@niftyの解約には1点注意したいポイントがあります。

  • WiMAX契約のみを解約する「解除」
  • @niftyの契約自体を解約する「解約」
この2種類があることです。

 

WiMAX契約のみを解約する「解除」

こちらは@niftyの契約自体は残して、WiMAXのみを解約する方法です。
例えば固定回線など他のネット通信サービスやメールアドレスを継続して利用したい場合はこちらを選びます。
注意したいのは、@niftyの他のサービスを利用していないのに「解除」を選択してしまうと@nifty利用料の月250円がかかり続けてしまいます。
もしWiMAXしか@niftyのサービスを利用していないなら「解除」ではなく、「解約」を選びましょう。

 

@niftyの契約自体を解約する「解約」

こちらはWiMAXを含む全ての@niftyのサービスを解約する方法です。
こちらの注意点は、もし他に利用しているサービスがあるとそれも一緒に使えなくなってしまう点です。
もしWiMAXのみをやめて、他のサービスは継続したいという場合は「解除」を選ぶようにしましょう。

 

このように@niftyは解約自体は簡単にできるのですが、特殊なルールがあり、ちょっとわかりずらいのが難点です。

 

@niftyの解約時の違約金について

@niftyのWiMAXも他社と同様に、契約更新月以外で解約を行うと違約金が発生します。
違約金の金額は以下のようになっています。

 

2年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目(契約更新月):0円
26ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。

 

3年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜25ヶ月:14,000円
26〜36ヶ月:9,500円
37ヶ月目(契約更新月):0円
38ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。

 

 

評判について

@niftyの利用者からの評判を確認しておきましょう。

 

 

 

 

@niftyの利用者の口コミをTwitterで集めてみました。
概ね使用感については満足しているという口コミが多いようです。

 

対してBroadWiMAXの評判はこちらの記事で詳しく紹介しています。
比較してみたものの、ほぼ同様の評判と言えそうです。

 

 

補足)通信速度や通信エリアは比較しなくても良い?

WiMAXはどこのプロバイダであっても使用するのは同じ回線です。
ですので通信速度やエリアの繋がりやすさは変わりません。
どこのプロバイダで契約してもほぼ同じ使用感で使えるので、この点は比較しなくてもOKです。

 

 

比較してみた結果!BroadWiMAX、@niftyそれぞれのメリットは?

比較してみた結果

 

ここまでBroadWiMAXと@niftyの比較をしてきました。
もう一度ポイントを振り返ってみましょう。

 

比較の対象とならない(ほぼ同じのもの)
  • 通信速度
  • 繋がるエリア
  • 選べる端末の種類

 

BroadWiMAXのメリット
  • 契約後、特別な手続きをする必要がなく、安い料金で使用できる
  • 月額1,004円のau4GLTE回線が無料で使える
  • 端末は完全0円(@niftyは全機種1円)
BroadWiMAXのデメリット
  • 契約期間が3年のプランしか選べない。
  • キャッシュバックが無いため、トータル料金は@niftyよりわずかに高くなる。

 

@niftyのメリット
  • キャッシュバック(3万円)を含めると3年間のトータルで5,000円程度安い
  • 2年契約を選択することができる
>@niftyのデメリット
  • キャッシュバックを受け取るのに条件がある。
  • キャンペーンが変わることがあるので確認が必要。

 

 

【まとめ】判断のポイント!どっちを選ぶかはココで決めよう!

BroadWiMAXと@niftyの比較

 

今回はBroadWiMAXと@niftyを比較してみました。
WiMAXはどこのプロバイダであっても使用感は変わらないため、
どこを選ぶかで一番重要なのが料金です。

 

確かに@niftyの方がキャッシュバックを含めるとトータルでは安くなるものの、9ヶ月の間、条件を守りながら利用して、忘れないように申請をする必要があります。
もしキャッシュバックを受け取れないと25,000円近くも高く利用することになってしまいます。

 

逆にBroadWiMAXで最初に契約したら、後はもう手間は全くかかりません。
受け取り失敗などを心配することなく、ずっと安い料金で使用できます。

 

ただしここで一点注意があります。

 

もしキャッシュバックを期待するならGMOとくとくBBの方が金額も多く、安くできます。
最大4万円を超えるキャッシュバックをもらえるので、@niftyよりもさらに安くWiMAXが使えます。

 

もしキャッシュバックの有り無しで比較するなら、

  • キャッシュバック金額が業界最高額のGMOとくとくBB
  • キャッシュバックは無くても月額が安いBroadWiMAX
このいずれかで比較を行うと良いでしょう。

@niftyはGMOとくとくBBとすでに契約したことがある人の乗り換え先として有効とは言えそうですね。

 

GMOとくとくBBとBroadWiMAXの比較記事はこちら↓

BroadWiMAXとGMOとくとくBB!両方使った本音をレビュー