BIGLOBEとBroadWiMAX、比較した結果…おすすめは?

BroadWiMAXとBIGLOBE、どっちがお得

 

今回はBroadWiMAX(ブロードワイマックス)とBIGLOBE(ビッグローブ)のWiMAX、どちらが良いか迷っている人に読んでほしい内容です。
料金をはじめ、その他の差が出るポイントを比較した記事になります。

 

残念ながらBIGLOBEのWiMAXを利用したことはありませんが、
WiMAX自体はどこのプロバイダを利用しても使用感は同じです。
BroadWiMAX同様に、エリアの範囲内ならば問題無く使えるでしょう。

 

ですので今回は差が出るポイントに絞って比較を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

BroadWiMAXとBIGLOBEってどんな会社?

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)はこのサイトでメインで紹介しているWiMAXプロバイダです。
とにかく安い月額料金が評判でトップクラスの人気があるプロバイダですね。
運営会社はリンクライフという会社です。ネット通信事業を主にしているまだ比較的新しい会社です。

 

私自身、実際に2018年9月まで利用していた経験からおすすめできるプロバイダです。
このサイトではBroadWiMAXのリアルなレビューも紹介しています。

 

続いてBIGLOBEについてです。

BIGLOBE(ビッグローブ)

 

対してBIGLOBE(ビッグローブ)は元々電子機器の製造メーカーNECの系列会社でしたが、今はネット通信を専門に扱うプロバイダとして独立しています。

 

WiMAX以外にも光回線(ビッグローブ光)や格安スマホ(BIGLOBE SIM)など多くのプロバイダ事業を手掛けています。
ネット通信を扱う会社としては老舗なので、知名度は抜群ですね。

 

なおどちらも直接WiMAX回線を発信しているわけではありません。
WiMAX回線を管理するUQコミュニケーションズから回線を借りて、運営しています。
使っている回線はどちらも同じものを使用しています。

 

 

差が出るポイントを比較!おすすめはどっち?

BroadWiMAXとBIGLOBE、どっちがお得

 

WiMAXはどこのプロバイダを選んでも通信速度、繋がるエリアの広さには差がありません。
「安いと通信速度が遅い」とか「高いからその分エリアが広く使える」ということはありません。

 

比較すべきポイントはプロバイダによって違いがある部分になります。
具体的には以下の点ですね。

 

  • 料金(キャンペーンを加えたトータルの料金)
  • 選べる端末の種類と端末代金
  • 契約プラン
  • 解約方法
  • 利用者からの評判

実際に詳しく見てましょう。

 

 

料金とキャンペーン!BIGLOBEはキャッシュバック金額が低い?

特に一番比較すべきポイントは「どちらが料金が安いか」という点です。
また月額の料金だけではなく、WiMAXプロバイダは割引や現金のキャッシュバックといった様々なキャンペーンを実施していますので、そういったものを含めて「トータルで安いかどうか?」を見ていく必要があります。

 

まずは料金を大きく左右するキャンペーンの内容を見てみましょう。

 

BroadWiMAXのキャンペーン

BroadWiMAXの初期費用割引キャンペーン

BroadWiMAXの場合は、キャンペーン自体が魅力的というよりは元々の月額料金が安く設定されているのが特徴です。
複雑な適用条件も無いので、契約すればまず適用されるといった手軽さが魅力です。

 

BIGLOBEのキャンペーン

BIGLOBEのキャンペーン内容

 

BIGLOBEは期間によってキャンペーンの内容が変わります。
料金割引キャンペーンが実施されている場合もありますが、メインは15,000円程度の現金キャッシュバックです。
内容は、契約の翌月から6ヶ月目に現金で15,000円が振り込まれるものとなっています。

 

キャッシュバック以外では2年契約の場合、契約事務手数料の3,000円が0円になるキャンペーンも実施されています。
こちらは選べる端末がWX03という一つ古い世代の端末機種のみとなっています。

 

BroadWiMAXとBIGLOBE、トータル料金での比較

キャンペーンの内容を踏まえて、トータルの料金を比較してみましょう。
BIGLOBEのキャッシュバックの金額は期間によって変動しますが、ここでは15,000円として計算しています。

 

3年契約 ギガ放題プランで比較 BroadWiMAX BIGLOBE
初期費用 0円 ※キャンペーン適用 0円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 1円
送料 0円 0円
0ヶ月目(端末到着月) 2,726円の日割(ここでは2,726円で計算) 0円
1〜2ヶ月目  2,726円  3,345円
3〜24ヶ月目 3,411円 4,030円
25〜37ヶ月目(契約更新月) 4,011円 4,380円
その他費用 0円 0円
キャッシュバック 0円 ▲15,000円
3年間のトータル 138,363円 137,290円
1,073円安い

 

計算した結果、BIGLOBEの方が1,073円安い計算となりました。
ただしBroadWiMAXの初月料金は日割ではなく、満額で想定して計算しているので、実際のトータル料金はほとんど差が無いと言っても良いでしょう。
日割にすると1日あたりおよそ91円となりますので、12日を過ぎてから申し込む場合はBroadWiMAXの方が安くなります。

 

 

BIGLOBEのキャッシュバックについて

WiMAXのキャッシュバックは複雑な条件があることと手続きを行うのがおよそ1年後となっていることから受取できない人も多いようです。

 

そんな中、BIGLOBEは受け取りの難易度が他のプロバイダよりも取得条件が簡単になっています。
まず受取までの期間が契約の翌月から6ヶ月目と早めにもらうことができます。
また以下の点でも他のプロバイダよりも良いと言えそうです。

  • 登録した連絡用メールアドレスにキャッシュバック手続きのメールが届くこと。
  • →他プロバイダでは、マイページ内のメールボックスに届くので見逃しやすい。

  • 振込先の口座情報等に不備があったら、再手続きができること。
  • →他プロバイダでは不備があったらその時点で受け取りの権利を失う。

 

ただしその分、金額は15,000円と少な目です。
GMOとくとくBBなどでは最大40,000円を超えるキャッシュバックがもらえます。
また@niftyなど老舗プロバイダでも30,000円が平均の金額となっています。

 

また簡単になっているとはいえ、それでもキャッシュバックの手続きが面倒という点には変わりありませんし、期限切れなどでもらえないケースもあります。
キャッシュバックを期待してという面ではBIGLOBEはメリットが少ないと言えそうです。

 

 

選べる端末の種類!

BroadWiMAXで選べる端末は以下の3種類になっています。
常に最新の機種を選べるようになっています。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NEC製)

WX05

 

Speed Wi-Fi NEXT W05(HUAWEI製)

W05

 

Speed Wi-Fi NEXT L01s(HUAWEI製)

L01s

 

対してBIGLOBEでも、上記の3つの端末を選ぶことができます。
また加えてちょっと古い機種も選べます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NEC製)

WX04

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NEC製)

WX03

 

この内、WX04に関しては選ぶメリットは全くありません。
最新機種のWX05を選択した方が良いです。

 

ただしWX03については2年プランの指定機種となっています。
BIGLOBEの2年プランは契約事務手数料の3,000円が無料になっています。
その場合は古い機種ではありますが、WX03を利用することになります。

 

 

契約期間が2年か3年か

BroadWiMAXでは現在3年契約のみ申し込みができます。
契約更新月まで長いものの、au4GLTE回線が毎月無料で使えるというメリットがあります。
au4GLTE回線はWiMAXの弱点である「屋内での電波の通りにくさ」や「対応していないエリアがある」といった点を解決してくれます。
その使用料の月1,004円が無料になるのは大きなメリットです。

 

au4GLTE回線について詳しく知るにはこちら↓

ハイスピードプラスエリア(LTE)がBroadWiMAXなら無料!

 

一方、BIGLOBEでは3年契約に加え、2年契約も選ぶことができます。
また2年契約の場合、端末はWX03の指定となり、契約事務手数料の3,000円が無料になります。

 

BIGLOBEギガ放題プラン2年契約の料金
契約事務手数料 0円
端末代 0円
0ヶ月目 0円
1〜2ヶ月目 3,345円
3〜24ヶ月目 4,030円
25ヶ月目(契約更新月) 4,380円
キャッシュバック ▲15,000円
2年プラン利用のトータル料金 84,730円

 

 

解約が簡単なのはどっち?

BroadWiMAXの解約は電話およびWEBの両方から可能です。
簡単なのはWEBからの解約で、契約後にログインできる会員ページから進めることができます。

 

解約の締め日は毎月25日までで、いつ解約してもその月の月末までは使用できます。
なお解約後の端末・SIMカードの返却は不要です。

 

また気になる違約金については他のWiMAXプロバイダと同様のルールとなっています。
契約更新月(37ヶ月目)以外の解約だと違約金が発生します。

 

BroadWiMAXの解約についてはこちらで詳しく解説しています↓

BroadWiMAXの解約方法と注意点はココ

 

BIGLOBEの解約方法について

BIGLOBEの場合も同様に電話もしくはWEBから解約の手続きができます。

 

電話の場合の解約窓口
  • 0120-827-193(固定電話、携帯電話から通話料無料)
  • 03-6631-4602(IP電話 通話料有料)

受付時間:9時〜18時 年中無休
※当日の解約は16時半までとなっています。

 

WEBからの解約窓口
BIGLOBE解約窓口

 

解約の締め日は月末までとなっており、いつ解約してもその月の月末までは使用できます。
逆に言えば、途中で解約しても日割計算とはならず、その月の利用額が満額かかります。

 

ただしBIGLOBEの解約については1点、大きな注意点があります。
それはもし24ヶ月以内に解約すると、通常のWiMAX違約金に加えて、端末代金を一括請求されてしまうことです。

 

BIGLOBE解約時の端末代金

 

BIGLOBEでは端末代金を800円×24回に分けて支払う仕組みの料金体系となっています。
ですが、契約中は800円分が割引となっており加算されてはいません。
割引があるから実質端末代は無料という仕組みを取っています。

 

しかしもし24ヶ月以内に解約してしまうと、WiMAX共通のルールである違約金に加えて、残りの端末代を一気に請求されてしまいます。
例えば12ヶ月目で解約したとすると残りの800円×12=9,600円が別途請求されることになります。

 

違約金と合わせると3万円を超えることもある高額な料金を支払うこともあるので、要注意です。
必ず契約更新月での解約を行うようにすると良いでしょう。

 

解約時にかかる違約金に関しては他のWiMAXプロバイダと共通になっています。

 

2年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目(契約更新月):0円
26ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。

 

3年契約の場合

0〜12ヶ月:19,000円
13〜25ヶ月:14,000円
26〜36ヶ月:9,500円
37ヶ月目(契約更新月):0円
38ヶ月以降:9,500円

 

※申し込みを行い、端末を到着した月が0ヶ月目となります。

 

 

 

実際の利用者からの評判はどう?

BroadWiMAXについての評判を簡単にまとめると

  • 料金が安いことを評価している口コミ
  • 通信速度を含め、問題無く利用できたという口コミ
  • サポートセンターへの電話が繋がりずらいという不満の声
などが共通して挙げられていました。

 

BroadWiMAXの評判についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

一方、BIGLOBEについての評判をTwitterなどで調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較したまとめ!BroadWiMAXとBIGLOBEのメリットとデメリットは?

BroadWiMAXとBIGLOBE比較のポイント

 

 

ここまでの比較でわかったポイントをもう一度まとめてみましょう。

 

比較の対象とならない(ほぼ同じのもの)=WiMAXとしてのスペック
  • 通信速度
  • 繋がるエリア
  • 選べる端末の種類

 

BroadWiMAXのメリット
  • 契約後、キャッシュバック手続きなど特別な手続きをする必要がなく、安い料金で使用できる
  • 月額1,004円のau4GLTE回線が無料で使える
  • 端末は完全0円(BIGLOBEは料金に加算されている)
BroadWiMAXのデメリット
  • 契約期間が3年のプランしか選べない。
  • トータル料金はBIGLOBEよりわずかに高くなるが、ほぼ同程度

 

BIGLOBEのメリット
  • キャッシュバック(15,000円)を含めると3年間のトータルで1,000円程度安い
  • 2年契約を選択することができる
BIGLOBEのデメリット
  • キャッシュバックを受け取るのに条件がある。
  • キャンペーンが変わることがあるので確認が必要。
  • キャッシュバック手続きが必要なのに、BroadWiMAXより1,000円程度しか安くならない

 

 

【まとめ】ポイントはキャッシュバック!BIGLOBEよりも安いWiMAXはある?

今回はBroadWiMAXとBIGLOBEの比較記事でした。
2社を比較する一番のポイントは、キャッシュバックの手続きの有無とトータルの料金になります。

 

  • BroadWiMAXはキャッシュバック手続きが必要無く、面倒な手間が必要無い。
  • BIGLOBEはキャッシュバック手続きが必要で、受け取りできた場合1,000円ほど安くなります。

キャッシュバックはこのサイト独自のアンケートによると、半数の人が受け取りできないという結果になった面倒な手続きです。
もしキャッシュバック受け取りに不安があったり、契約後に面倒な手間をかけたくないなら、BroadWiMAXを選ぶと良いでしょう。
面倒な手続き無しで、業界最安級の値段で利用できる損が無いプロバイダです。

 

BroadWiMAXの公式サイトはこちらをクリック

 

しかしもし面倒な手続きを行っても、キャッシュバックで料金を安くしたいという場合はBIGLOBEではなく他のWiMAXプロバイダを選ぶと良いでしょう。
例え難易度が下がっているためとはいえ、15,000円の金額のために受取失敗のリスクがあるのはおすすめできません。

 

GMOとくとくBBでは最大4万円を超えるキャッシュバックがあり、BIGLOBEよりもお得な料金で使えます。

詳しい比較は以下の記事にまとめたので、参考にしてみてください↓

BroadWiMAXとGMOとくとくBB!両方使った本音をレビュー

 

またそれ以外では@niftyも3万円も超えるキャシュバックがあります。
以前GMOとくとくBBを利用していたので、もうキャッシュバックがもらえないという人はこちらを選ぶと良いでしょう。

 

BroadWiMAXと@niftyの比較記事はこちら↓

BroadWiMAXと@nifty!両方使ったレビューと比較!